白衣を手軽に購入しよう|通販なら簡単便利です

3人の男女

時代の変化

看護師

看護師の着る白衣は、明治時代から始まったとされています。清潔感のある白は汚れが目立つので、すぐに着替えることができます。衛生的に清潔に保つことが必須であるため、このような白衣が誕生しました。また、白という色の持つ力は、治療を受ける患者に安心感を与え、信頼して治療が受けられるといった心理的な効果もあります。そこから看護師の白衣は生まれたのです。明治に生まれた看護師の白衣ですが、当初は季節によって中に着る着物の種類を変えていたようです。夏には下に浴衣を着て、冬には黒い着物を着るという規則がありました。この後、床に白衣がつくと衛生的によくないとされたため、長さが短くなり、床につかない工夫が加えられました。現在の白衣と変わらない形になったのが、昭和20年から40年にかけてだったといわれています。現在では看護師の象徴でもあったナースキャップを廃止する病院も多くあり、見かけることは少なくなりました。動きやすさを重視した白衣も増えてきています。
動きやすさを重視している看護師は、スカートタイプではなくパンツタイプを選ぶ人もいます。また、比較的急患も少ない皮膚科や耳鼻科といった病院では、スカートタイプを採用しているところが多いでしょう。逆に、救急医療の現場や小児科など頻繁に動きまわる病院では、パンツタイプの白衣を選ぶ人が多くいます。看護師の白衣は形とともに「色」も変化してきています。治療に対する恐怖感や病院のイメージを変えるために、カラフルな色の白衣を採用している病院もあります。特に小児科では、明るいピンクやブルーの白衣が採用されています。

Copyright© 2016 白衣を手軽に購入しよう|通販なら簡単便利です All Rights Reserved.